広告

iRacingが開発中のラリークロスがおもしろそう!

Twitterで開発中のプレイ動画が公開

最近、iRacingに新しいコンテンツとしてオーバルのダートが追加されレースで使用するダートコースやダートスプリントカーが登場し、注目していましたが、以前からiRacingは”ラリークロス”を開発中であることを公式でアナウンスしていました。

今回、その開発中の”ラリークロス”のプレイ動画が公式Twitter&Facebook上で少しだけ公開されていました。

iRacingのスタッフの方がテスト走行をしているみたいなのですが、クルマもコースもリリースしてもいいんじゃないかと思えるくらいクオリティが高そう。

これが、スタジオなのかテストルームなのかは存じませんが、意外と使用しているデバイスや環境はしょぼい……

もっと、OSWとかディスプレイは3枚!て感じかと想像していました💧

逆に、一般的に広く使用されているデバイスで開発を進めたほうが、開発がしやすいということかな?

これはテスト機の一部であって他にもOSWテスト機やVRテスト機も存在しているのかもしれませんが💧

ラリークロスってなに

そもそも、今まで馴染みのなかった”ラリークロス”。

少し調べてみると中々おもしろいレースだった!

レースはアスファルトできちんと舗装されている”ロード”の部分と舗装のされていない”ダート(土)”の部分で構成されたコースを決められた周回数で誰が1着になるのかを競うもの。

しかも、ただ”ロード”や”ダート”がごちゃまぜになっているだけではなくて、コースの各所にはジャンピングスポットがあったり、ショートカットコーナーがあったりエンターテイメント性が存分に盛り込まれています。

また、ショートカットコーナーはレース中に1度は通過しなければならないというレギュレーションで、何周目に通過するかなどのストラテジー面でも見ごたえがありそう!

YouTubeにレースのハイライト動画があったので、見てみたのですが、なにこれすごい……Σ(゚д゚;) 

いや、当たってるし!!ていうか体当たりしてるし!!

めっちゃおもしろい笑

これは、エンターテイメント性がありますね~

現地で見に行ったら絶対おもしろそうだし、動画の観客席もファンでいっぱいです。

さすが海外!て感じ。まさにクルマの格闘技!

けど、動画でも見てもらうとわかる通り、レースは難しそう。

”ロード”と”ダート”でクルマの挙動も全然違うだろうし、全体で速く走らせることはかなり難しいだろうなって思います。

セッティングとかもどうしてるのか、気になりますね。

使用されていたクルマはVWビートル

公式Twitter&Faceboookで公開された、開発中のプレイ動画で使用されているクルマはフォルクスワーゲンのビートルだそうです。

maxresdefault

こちらがそのビートル。(キレイなジャンプだ……)

足がビヨーンてなるのはWRCカーみたいですな。

プレイ動画で、エキゾーストとかシフトチェンジのサウンドとかも既にクオリティが高かったですし、クルマの足も良い感じロールしていて、かなり熱心に製作されているように見えたので、これはリリースに期待が高まります。

かなりおもしろそう

実際のレース動画でも、エンターテイメント性に溢れていて楽しそうなレースだったので、これがiRacingの中に登場することを想像するとかなりおもしろそう!

最近登場した、オーバルラリーの方は少し敬遠していたのですが(オーバルがあまり好きじゃない)、新しい”ラリークロス”の方は、試してみたいです。

”ラリークロス”から、自分のリアルレースに生かされそうな部分が見つけられたらもっと楽しくなりそうだなって思います。(*´﹀`*)

   ←人気ブログランキングへ参加をし始めました!ポチっと押してもらえると嬉しいです(*´﹀`*)
人気ブログランキング