広告

【MWT参戦記】第2戦鈴鹿 すべてはAM3時58分に目を覚ましたことからはじまった

9月末から、iRacingのシーズン4がはじまりましたね。

今シーズンはなにかレースシリーズに参戦して武者修行したいなと思い、MX-5 World Tour(MWT)に参戦しています。

MWTは2年前に一度だけスポットで参戦したことがあったので、そのレベルの高さは承知済み。

スポット参戦したとき↓

昨日は22:00にいつもより早めに寝て、1:00に起床 笑 なぜかというと..... 「MX-5 World Tour」というiRacingのリーグに参加してきました!! 1週間程前にレースがあることを知り、コツコツと練習していました。 コースはZandvroot 今まで走ったことのないコースやったので、覚える...

いわば、リーグレースながらもiRacingにおける「MX-5使いナンバー1決定戦」のようなもの。(だと思っている……)

2年前のiRacing MX-5 Combined Cup (ウィナーはアメリカのグローバルMX-5カップにメーカーフルサポートで出場できるというe-sportレースがあった。)に出場したときに闘ったドライバーたちもたくさんいます。

そんなMWTの参戦記録をブログに残しておこうと思ったので、この記事を作成しています。

第1戦は即リタイア、第2戦は鈴鹿

2018-10-07_05-16-24_000

先週からMWTシーズン4がスタートし、第1戦はマウントパノラマでしたが、回線不良によって1周目でリタイアし、ガン萎えしていました💦

今朝、10月7日には第2戦が鈴鹿サーキットで行われました。

前回のレースの屈辱を晴らしてやろうと、気合十分で朝4時の予選開始に向けて、スマホのアラームをセットしましたが目を覚ましたのは3時58分。(ヨーロッパ中心なので、極東日本は時差のせいで早朝レースになる。ぐぬぬ.....)

「うわーーー!プラクティス走れんやん!!!」って目をパチパチさせながら、PCの電源をオンにしましたが、セッションに接続したらすでに予選は開始されていました……

「とりあえず、なんでもいいからタイムだけは残そう….」と10分間の予選に挑みましたが、そんないきなり走れるはずもなく、とっちらかって予選ノータイム……

2018-10-07_06-45-56_000

結果はP28…….うひょー

「とりあえず18周あるし、コツコツ追い上げるかー」なんて思いながら、レースがスタートしましたが、1コーナーで前方がクラッシュしたことによって1周目でいきなりP16くらいまでポジションをあげることができました。

そのあとは、レースペースがめちゃくちゃ良くて、前をどんどんオーバーテイクしていき、P8まではすぐに取り返すことができました。

「これはいけるぞ!P4争いが列車になってる!」ってちょっと調子に乗ったのがダメだったのか、P7がスプーン1個目でミスったのを狙ってスプーン2個目でインから少し強引気味に横並び。

2018-10-07_05-15-44_000

敵車のP7は、まさか入ってくるとは思っていなかったのか、スプーン2個目のターンインでインを閉めて若干接触。

僕のマシンの姿勢が若干崩れて、結果、アウト側に敵車を押し出すような形で立ちあがっていきましたが、敵車がアウト側で耐え切れずにテールスライド!

スピンしながら僕に接触してお互いに、クラッシュ…..ぐぬぬ……

2018-10-07_07-12-08_033

そのあとはリスタートをきれて、P9争いをしました。

次の周のスプーン2個目で全く同じ場面になりましたが、今回はうまくパス。

でも、前回のクラッシュのおかげで、スリップストリームなしだとストレートが激おそになっていたので、これ以上は無理だとピットに戻ってクルマを降りました。

結果は途中リタイアのP27…….

レースペースがめっちゃよかったし、トップ集団も見えていたのでくやぢいぃぃぃ!!

2018-10-07_06-44-52_000

まあでも、予選できっちり前のほうにいればP4 争いに引っかかることもなかったので、今回のレースは朝3時58分に目を覚ましたことが一番の失敗でしたね….(笑)

(でもAM3時起きはツライよぉ…..)

今回のレースのライブ配信はこちら!↓

第3戦は1週間後にRoad America

コースレイアウトも全く知らないところなので、ちゃんと早起きを決めるところから、頑張ります(笑)

それにしても、こんなレベルの高いレースがバーチャルでできるのはやっぱり楽しい。

リアルレースの練習にもすっごくなるし、みんなもどんどん参加しよう!