広告

Heusinkveld Sim Pedals Sprint がきた!

Heusinkveldの新作SPSがきた!

2019-01-11_19-25-33_000

Heusinkveldの新作ペダルが2018年12月に販売されました。

おうちシムでは旧型となるSim Pedals Proを使用していて、その違和感のないペダルワークがとっても気に入っていました。

新作となるSim Pedals Sprintはさすがに注目度が高くて、初出荷分の注文は販売開始後即売り切れと、なかなか手に入れることが難しい状況でした。

年末に第2出荷分のオーダーを開始しましたが、そちらも即完売。

次回の1月中旬まで待機かあ……と落胆していましたが、DemonTweeksで注文が可能ということで、手に入れることができました!(現在は2月まで出荷延期となっているようです。)

旧型SPPから細かい部分が改善

まずは、開封!!

外箱はSim Pedals Pro(SPP)の時よりも、Sim Pedals Sprint(SPS)はおとなしめの印象。

SPPは外箱にデーンとHeusinkveldのロゴが入っていたんですが、 今回は包装に力を入れていて外箱は真っ白。

あのかっこいい外箱を、あとあと他のものに活用しようと期待していた自分はSPPの方が好きだったゾ!笑

2019-01-11_19-25-47_398

こちらはSim Pedals Proの外箱

こちらは旧型Sim Pedals Proの外箱

旧型のSPPからは細かい箇所の改善が見られ、ペダルプレートやブレーキのラバースプリングの変更などが、パッと見で分かる変更点ですね。

2019-01-11_19-25-52_647

2019-01-11_19-30-19_284

ん~かっこいい!!

SPPはゴリゴリ無機質な感じだったんですが、SPSは支柱が高級感のあるマット調グレーで仕上げられていて、その質感はいつまでも手でスリスリしていたいほど……!!

2019-01-11_19-30-57_478

他にも大きな変更点としては、USBボードが一体式になっています。

SPPの時は、ペダルセットにUSBボード(おそらくLeoBodnarのもの)が同梱されていましたが、今回のSPSはブレーキペダル後端にボードが埋め込まれていて、スリム化&コード類がごちゃつかないという地味にうれしい改善!

2019-01-11_19-30-47_390

あと、ペダルのアングルが変更できるように、ブラケットにホールが空けられているのも、SPPからの変更点。(旧型SPPはブラケットに切り込みが入っていて、上下にスライドしてアングルを決定していた。)

SPPのときは、純正の状態でペダルアングルがほぼ直角で、寝かし気味が好みの人はアングルを装着するフレーム側で対処する必要がありましたが、今回のSPSは純正状態で少し寝かし気味です。

SPPのような直角が好みの人も、直角にペダルアングルを変更することができます。(注意!!このアングル変更の際にブレーキペダルセンサーがお亡くなりになりました。ブレーキペダルのみアングル変更が特別になっているので、説明書を良く読んでから変更してください!これもまた別記事にしたいと思います。)

今回Heusinkveldはかなりユーザーの声に耳を傾けて製作したとのことなので、このあたりも良くなっているなあ、という印象。

2019-01-11_19-31-01_502

ブレーキペダルの後端部分。 左右にアクセル&クラッチを接続するコネクタ、USBポートが埋め込まれている。

IMG_3349-2

旧型SPPはこのUSBボードがケースと共に付属してましたが、SPSはボードが埋め込まれているのでケースがなくなった!スリム!

インプレッション!

外観を舐め回すに楽しんでから、次はいよいよおうちシムにインストール!もうニヤニヤが止まらない!!!笑

2019-01-12_00-10-41_006

装着は、SPPと全く同じなので特に戸惑うことなく完了。

1ペダルにつき4箇所ボルトで締めるだけで、どんなコックピットにも装着できるようになっています。

おうちシムに装着が完了すると早速試走。

PCにUSBを挿し込めば勝手にドライバインストールを開始するので、完了すれば即シムソフトでキャリブレーションをして使用できます。

あと、今回のSPSはDIViewによるキャリブレーションが必要なくなりました。

SPPの時はつるしの状態だと、AMSやrFactorなどの古いシムでは入力範囲が狭くて上手くキャリブレーションができなかったためDIViewで最適化する必要がありましたが、SPSは既に最適化された状態だったので、すんなりシムソフト側でキャリブレーションが完了!初心者でも使いやすい!!

そしていざ、出走。

SPPからはブレーキのフィーリングが若干変更されていて、ブレーキの遊びの部分の質がよくなっています。

これは文字にするのは難しいんですが、擦るくらいのブレーキコントロールがSPPのときよりも違和感がなくなった!ブレーキ入力0~5%くらいのコントロールがしやすくなったというとイメージしてもらいやすいだろうか。

それとツイートもしましたが、ヒール&トゥがめちゃくちゃしやすくなっています。

ペダルプレートが長くなったことによって、右足かかとの部分がスロットルに乗せやすくなりました。

ヒール&トゥはiRのMX-5で重宝するので、これは地味に神改善!

実際に使用しての感想は以上です。

2018-02-01_16-24-27_075

これが旧型Sim Pedals Pro。 んー無機質!かっこいい!笑

大幅な変更はない

今回Heusinkveld から新作のSPSがリリースされ、すでにSPPを所有しているシムレーサーはその旧型SPPに魅せられSPSに期待を膨らませている方も多いはず。

今回SPPからSPSにアップグレードして抱いた感想は、最適化。

旧型SPPと同じ価格帯(むしろちょっと安くなった)の新型SPSで、旧型から大幅な変更はなく、SPPで挙がったユーザーの不満から、改善点を1つ1つ取り入れて作り上げたという感じで、まさに最適化という印象。

旧型が気になっていてところ、新型SPSがきてほしくなった!という方には、満を持しておすすめできるペダルですが、すでにSPPを持っているユーザーにおすすめできるかといえば、ちょっと微妙……

それでも欲しいんや!という泥沼に足を入れている方は、買って更に深く沼に沈んでください笑 まあでも、後悔することはないので買ってみても大丈夫ですよ!(悪魔のささやき)

以上、新型Sim Pedals Sprintのレビューでした!