広告

5/7 第3戦 鈴鹿クラブマンレース S-FJスポット参戦 レースレポート

写真 2017-05-07 11 55 38

5月7日に行われた、鈴鹿クラブマンレースのS-FJクラスにスポット参戦をしてきました。

今回はフルコースの開催で、参加台数は27台と、たくさんの台数が集まりました。

土曜日

 30分枠が2本しかない中で、決勝に向けて集中して走行を重ねました。

岡山第2戦の決勝で使用したタイヤを装着。前の練習走行で身に付けたことを、定着させることを意識して走り、とても良い感触を得ることができました。

日曜日


・予選 1位

 15分間の走行で、新品タイヤのピークと路面温度を考えて、タイヤの空気圧をメカニックと決定。

7~8周の走行でピークは2~3周だろうと予想していたので、予選セッションの早いうちにタイムを出すつもりで走行していました。アタックラップ、クーリングを繰り返して走行をしましたが、予想の2~3周がタイヤのピークとは反してセッション後半のほうがタイヤのグリップは高いという状況でした。

全6周をセッション内に走行することができ、ベストラップは5周目に出したタイムでポールポジションを獲得することができました。

ベストラップでは、1~2コーナーの間で、シフトダウンするときにエンジン回転数を合わすのを失敗して、テールスライドさせてしまいました。

タイム更新はできないかなと思っていましたが、おそらくタイヤの状態が良くて、その後のコーナーでタイムを取り戻すことができました。

・決勝 1位

 決勝は10Lap。練習走行で何周目にグリップが落ちてきたかを参考に、レースラップ全体でタイムが落ちないように空気圧を設定。

初めての下り坂スタート(鈴鹿サーキットのホームストレートはかなりきつい下り坂)で、不安を抱えていましたが、大きなミスをすることなくスタートをすることができました。

スタート後は60号車との一騎打ちになり、ホイールトゥホイールのバトルをしました。

1周目のシケインでアウトからオーバーテイクされて2番手に落ち、そこからは離されないように必死に追いかけました。

S字コーナーでは60号車のほうが速くてデグナーから130Rまでは自車のほうが速いことが分かり、相手がミスをするのを待っていましたが、中々ミスをする機会がなくて、後ろをテールトゥノーズでついていくという状況でした。

 5周目に、スプーンでスピードを乗せることができ、130R 手前で再び前に出ることができました。少し仕掛けるのが時期尚早かなとも思いましたが。レースペースが自車のほうが良くなってきたと感じていたので、そのまま逃げ切ろうと決心しました。

残り4Lapでジリジリと差を拡げはじめていましたが、残り2Lapのデグナー1個目で周回遅れのマシンに引っかかってしまい、ゲインがなくなるどころか、デグナー2個目で横並びになり、かなり焦りました。

ポジションは守れたものの、再びスリップストリームの範囲に入られテールトゥノーズで追いかけられました。

9Lapのシケイン1個目で、またアウト側からオーバーテイクされてしまいましたが、2個目でクロスラインをとり、1コーナーで再び前に出ることができました。

スリップストリームに入られたままテールトゥノーズでファイナルラップを走行し、またシケインで前周と同じような状況になりました。

また、オーバーテイクされないようにレイトブレーキングで進入して、なんとかポジションを守ることができ、そのままトップでフィニッシュしました。

岡本大地

写真 2017-05-07 17 36 31 写真 2017-05-07 21 24 27 写真 2017-05-08 9 10 15写真 2017-05-07 18 03 58


優勝できましたーーー!!(*´﹀`*)

前日の練習走行から、バッチバチで本当に必死で毎セッション走行していました笑

レース後に、見ててめっちゃおもしろかった!と言ってくださる方が多くて、とてもうれしかったです(*´﹀`*)

自分自身もレースをしていて最高に楽しかったですし、これからも、見ている方がこのように思ってくれるレースができたらなと思います(^^)

今回も、Twitter、Facebook等で応援メッセージ&祝福メッセージをしてくださった方、ありがとうございました!